瀬戸本淳建築研究室 会社案内

  • 会社概要・沿革
  • 業務内容
  • JSAOについて
  • スタッフ紹介
  • 新聞・雑誌等
  • Facebook

業務内容

 私たち瀬戸本淳建築研究室は、設立当初より、街づくり・建物づくりは、愛の環境づくりとして多くのプロジェクトに取り組み、様々な提案と成果を上げてまいりました。
建築は、人の命に深く関わっています。一人ひとりの命に対する畏敬、この思いを街づくり建物づくりに反映させ、多様な価値観との連携をはかっていくことが、今後ますます必要となってくるでしょう。

 私たちは現代の建築が直面している愛の環境づくりに、広範かつ柔軟に対応できる技術者集団として、感動し共感する心豊かな感性をもってのぞみます。

建築家の業務 その全体の流れ

フェイズ1 設計前業務

設計に先立ち、クライアントの求めを成功に導くための条件を検討し、基本設計のための設計条件の形に整理する仕事を行ないます。 法規、周辺状況についての調査、プロジェクトの予算、敷地の効果的な活用、必要な機能・規模などを検討し設計条件を策定します。

フェイズ2 基本設計業務

クライアントから示された条件に従って、建物の平面と空間の構成、各部の寸法や面積、建築的・設備的に備えるべき機能、予算とのバランスなどを検討し、それらを総合して内外のデザインを立案します。 クライアントと設計者の間での意思の疎通が正しく行われ、でき上がる建物についてのイメージが共有されるための大切な段階です。

フェイズ3 実施設計業務

決定した建築計画に基づき、デザインと技術の両面にわたり、細部の検討をさらに行ないます。この作業の成果は実施設計図書の形にまとめられ、クライアントの承認を得た上で、次の工事の段階に移ることになります。 実施設計図書は、工事請負契約図書の一部となります。

フェイズ4 工事契約業務

実施設計が完了すると、工事に関する契約を整える段階に入ります。 この段階では、工事の内容に適した施工者の選定、クライアントの意図を反映した適切な契約条件の策定、適正な工事請負金額の決定、その他全般についてクライアントに助言し、必要な作業を行います。

フェイズ5 監理業務

工事請負契約が締結され、工事に着手した時点から監理業務が始まります。 設計意図を的確に施工者に伝達し、施工図等を検討・審査する中で設計意図の具体化を行なうとともに、監理者として品質管理に参画し、工事が諸条件に従って適切に運営されていくよう見守ります。 工事の完成に当たっては、工事の目的物が諸条件に適合していることを確認し、請負者からクライアントへの引渡しに立ち会います。

フェイズ6 工事完成業務

工事完成引渡しによって監理業務は完了し、建設という局面での設計者の仕事は終わります。 しかし、プロジェクトは建物の完成をもって終わるわけではなく、クライアントが建物の使用を開始し、平常の状態に入るまで、またその後も、続いていくと考えるべきものです。設計者はそのライフサイクルに対応した各フェイズにおいて、専門家の立場からお手伝いをします。

 

作品集へ

ページの先頭へ戻る

  • プライバシーポリシー
  • リンク集
  • サイトマップ

Copyright (C) 2012 JUN SETOMOTO&ARCHITECTS CO., LTD. All Rights Reserved.